• 小
  • 中
  • 大

主な紙の種類

印刷用紙には、紙の表面に塗料を塗布することにより白色度・平滑性・インキ受理性・網点再現性・ 印刷光沢などを高めています。この塗布量やベース用紙によりいくつかの種類に分類されます。

アート紙

塗布量は多い(1㎡当り両面で40g前後の塗料を塗布)ベースは上質紙。
白色度・平滑性は大きい、用途としては高級美術書、本の口絵、写真集など。
アート紙より更に光沢,平滑度、白色度などを増した用紙としてスーパーアート紙があります。

塗布量はアート紙より少ない(1㎡当り両面で20g前後の塗料を塗布)ベースは上質紙。
アート紙に比べると若干品質は劣りますが、用途としては比較的安価なため、カレンダー、ポスター、一般的なカタログなどに多く使用されています。

上質紙

表面に塗料の処理はなされていないため、光沢やツヤのないザラザラ感が特徴です。
原料は化学パルプ100%を使用しています。また最初から紙に色をつけたものが色上質紙です。
用途としては書籍、チラシ、コピー用紙、広報誌など。

ページの先頭へ