• 小
  • 中
  • 大

オンデマンド印刷

多品種少ロット印刷が得意!!
小ロットに対するコストパフォーマンスはもちろん、ターゲット別に最適化したバリアブル印刷を実現します! 

オンデマンド印刷とは?

オンデマンドとは「必要なものを必要なときに必要な分だけ」という意味で、多品種少数印刷を得意とする印刷システムです。
特にバリアブル印刷を活用することで、個人やセグメントされた特定グループに最適化した情報発信可能にできることが強みです。マスから個へ、よりパーソナルな情報発信が必要とされ、ますますオンデマンド印刷のニーズが高まっています。

オンデマンド印刷機

オンデマンド印刷のメリット

メリット1 バリアブル印刷(可変印刷)で1to1の情報発信を実現

その情報はきちんと伝えたい相手に合わせて最適化されていますか?
それぞれのターゲットに合わせて、テキストや画像データをバリアブル印刷(可変印刷)できることが強みです。

メリット2 少ロットにコストパフォーマンス

オンデマンド印刷は、多品種少数が得意な印刷システムで、最小1枚(部)からの印刷が可能です。デジタルデータをダイレクトに印刷するので刷版が不要です。その分コストパフォーマンスを発揮します

メリット3 スピーディーな納期対応

オンデマンド印刷では、デジタルデータをダイレクトに出力するので、一般的な従来の印刷工程を大幅カット(刷版不要)され、その分スピーディーな納期対応が可能です。

従来の印刷方式とオンデマンド印刷の違い

バリアブル印刷とは?

個人やセグメントされた特定グループに合わせて、文字情報や画像データ等を差し替えて印刷することが可能な可変印刷システムです。

名刺や宛名書きなどパーソナル(個別な)情報の印刷に活用

同一印刷物の中の一部を、用途、目的別に差し替えて印刷できます。 お名前、住所、会員番号など、お手持ちのデータを有効利用することで、例えば、宛名書きや番号記帳など、面倒な手間がなくなり、なおかつ データ通りに必要実数分だけを印刷することで、無駄も一切排除できます。

バリアブル印刷の活用例

DMやクーポンなど販促活動に活用

同一印刷物の中の一部を、地域、性別、年代、職業、家族構成などの条件によりセグメントされた特定のグループや個人別に、文字や画像を差し替えてターゲット別に最適化した情報を可変印刷できます。
マス広告のように一律の内容でなく、目的やターゲットに合わせたバリエーションのあるDMやクーポン券を作ることができます。

エンドユーザー様に合わせたバリアブル印刷の活用例

Pマークを取得していますので情報管理も安心です

人宛の印刷物では、宛名や住所等、個人情報の部分を可変印字することも多いため、何より信頼の置ける情報保護体制が求められます。
宮川印刷では、「プライバシーマーク」を取得し、各種マニュアルに基づいて社内での情報管理を徹底しています。

詳細は「個人情報保護について」へ

ページの先頭へ