印刷


輪転印刷

大判・大量ロットも高速仕上げ、印刷から梱包までを一気にこなす

輪転印刷

   

「オフセット輪転印刷」とも呼ばれ、ロール状の用紙を連続印刷する方法です。
新聞見開きサイズで1時間に48,000枚の印刷能力を誇り、10万枚以上の大量印刷や大判サイズにも対応できる輪転印刷機。迅速な対応が要求される折込チラシや、広報誌、情報誌などの大量ロットの印刷物のご要望に威力を発揮しています。
さらに当社では、スタッカー&バンドラーを輪転印刷機に連結し、ロール給紙、印刷から折り、断裁、梱包までの作業を1工程でこなし、納期対応力を高めています。

 



枚葉印刷

多様な機器でご要望に応える

枚葉印刷

   

オフセット印刷のひとつである枚葉(まいよう)印刷は、あらかじめ裁断された用紙(A判、B判、・・・etc)を1枚ずつ印刷していく方法です。
従来の印刷機は片面印刷後、一定時間インキ乾燥させ裏面を印刷しておりましたが、当社では両面を一度で印刷(ワンパス)できる両面8色機を2台所有し、納期短縮を実現しています。
また単色機もあり、帳票類や単色物の小ロットに対応しております。

 



オンデマンド印刷

バリアブル(可変)印刷でパーソナルな情報発信

オンデマンド印刷

   

多品種少数印刷を得意とする印刷機です。とくにバリアブル印刷を活用することで、個人やセグメントされた特定グループに最適化した情報発信可能にできることが強みです。マスから個へ、よりパーソナルな情報発信が必要とされ、ますますオンデマンド印刷のニーズが高まっています。

宮川印刷バーチャル工場見学「印刷ができるまで」