• 小
  • 中
  • 大

 

印刷用データ入稿

対応アプリケーション

ウインドウズ対応アプリマッキントッシュ対応アプリ

メーカー 対応アプリケーション 対応バージョン(いずれも日本語版)
Adobe
ウインドウズ対応アプリ
マッキントッシュ対応アプリ
Illustrator 5,5/6,0/7,0/8,0/9,0/10,0/CS/CS2/CS3/CS4/CS5/CS5.5/CS6/CC
Photoshop 5,5/6,0/7,0/CS/CS2/CS3/CS4/CS5/CS5.5/CS6/CC
InDesign 2.0/CS/CS2/CS3/CS4/CS5/CS5.5/CS6/CC
PDF

PDF/X1a 1.3J
PDF/X4 1.3J(CS5まで)
PDF/X4 1.4J(CS5.5~)

Microsoft
ウインドウズ対応アプリ
Word
Excel
PowerPoint
入稿の際に使用OS(XP、VISTA、7、8等)とアプリケーションのバージョン(WORD2013等)を明記してください。

Windows入稿時の注意

Windows全般

  • 使用OS(XP、VISTA、7、8等)とアプリケーションのバージョン(Word2013等)を明記してください。
  • 使用した全フォントを明記の上、出来るだけ使用したフォントをデータと一緒に添付してください。
    (モリサワ等のコピー不可フォントは除く)

Office全般

  • 画像等を貼り込む場合、なるべく解像度の高いものを縮小して貼り込んでください。
  • 画像を貼り込む場合、できるだけ貼り込み元の画像データも一緒に添付してください。
  • Excelでは特に画面とプリントで、入る文字数がズレるので、仕上がりはプリントで確認してください。
    (プリンターやその他の環境によっても変化します)
  • 用紙のギリギリまで写真や模様が入る場合、印刷工程において若干の拡大をしますので、用紙ギリギリの画像の一部が欠ける場合があります。
  • 画像等の裏に隠れたアイテムなど、実際に印刷されない画像やテキストボックス等は極力削除してください。

 

データ入稿の際にご用意いただくもの

  • 原稿データ
    ここでいう原稿データとは、修正の必要がない完成された制作データです。
  • お客様の環境でプリントアウトされた出力見本、原寸PDF又はデジタル検版でご使用させていただくTIFF又はjpg200dpi原寸データをご用意ください。

入稿の際の注意事項

  • データは原寸サイズで制作してください。
  • カスタムカラー(特色)はすべてプロセスカラーに変換してください。(特色印刷の場合は別途ご相談ください。)
  • 使用フォントはすべてアウトライン化してください。
  • データの周りの不要なオブジェクトはすべて取り除いてください。
  • 裁ち落としの画像・イラスト・罫線平網等は3mmの塗り足しを付けてください。
  • トリムマークは使用する全部の版にCMYK100%を入れてください。
  • データ入稿の際、必ず最終データのカラー出力見本を1部、原寸で出力し添付してください。原寸PDF又は、TIFF画像200dpi原寸データを添付してください。
  • 塗り色の指定は全てヌキ合わせに、スミベタ文字、スミベタ罫線のノセ処理は、K100%にしてください。スミベタ文、スミベタ罫線のヌキ合わせは、K99%にしてください。
  • 素材データPhotoshop、Illustrator等はひとつのフォルダ内の同一階層に入れてください。
  • 画像サイズは使用されているサイズ(実寸)で、適正解像度(350~400dpi)にしてください。
  • 入稿メディアのラベルには必ず貴社名・制作会社・担当者名・出力ファイル名・サイズを記入してください。
  • 必ずウィルスチェックをしてください。

書類のカラーモード/ラスタライズ効果設定/書類設定の透明設定

書類のカラーモード、ラスター効果設定、書類設定の透明設定を必ず行ってください。
初期設定のままですと、RGB書類になってしまったり、透明効果を使用したときに、文字や図形等に使用した効果の品質が落ちます。

Illustorator 9.02J、10.0Jで入校される場合

  • [書類設定]の[プリントデータ書き出し]の[出力解像度]を800dpi以上にしてください。
  • [グラデーション]は300dpi以上、[ラスタライズ解像度]が300dpi以上にしてください。
  • [書類設定]の[透明]の[プリント・データ書き出し]を高画質/低速に設定してください。
  • [効果メニュー]の[ラスタライズ]の[ラスター効果設定]の解像度は300dpi以上にしてください。

Illustorator CSで入校される場合

  • ドキュメントのカラーモード
    【「ファイル」→「書類のカラーモード」→「CMYKカラー」】を選択します。
  • ドキュメントラスタライズ効果設定
    【「効果」→「ドキュメントのラスタライズ効果設定…」】解像度は300dpi以上にしてください。
  • ドキュメント設定の透明設定
    【「ファイル」→「ドキュメント設定」→メニューより「透明」高画質/低速】
  • オーバープリントは破棄します。敢えてオーバープリントを使用する場合は出力見本に指示してください。
  • 使用画像は埋め込みにしてください。

Illustorator CS2で入校される場合

  • ドキュメントのカラーモード
    【「ファイル」→「書類のカラーモード」→「CMYKカラー」】を選択します。
  • ドキュメントラスタライズ効果設定
    【「効果」→「ドキュメントのラスタライズ効果設定…」】解像度は300dpi以上にしてください。
  • ドキュメント設定の透明設定
    【「ファイル」→「ドキュメント設定」→メニューより「透明」高画質/低速】
  • オーバープリントは破棄します。敢えてオーバープリントを使用する場合は出力見本に指示してください。
  • 使用画像は埋め込みにしてください。

Illustorator CS3~CCで入校される場合

  • ドキュメントのカラーモード
    【「ファイル」→「書類のカラーモード」→「CMYKカラー」】を選択します。
  • ドキュメントラスタライズ効果設定
    【「効果」→「ドキュメントのラスタライズ効果設定…」】解像度は300dpi以上にしてください。
  • ドキュメント設定の透明設定
    【「ファイル」→「ドキュメント設定」→メニューより「透明」高画質/低速】
  • オーバープリントは破棄します。敢えてオーバープリントを使用する場合は出力見本に指示してください。
  • 使用画像は埋め込み又は、リンクにしてください。
  • スミ1色に見えるQRコードは、Kのみにしてください。

対応フォント

Macintosh対応フォント

モリサワ OCF・CID

太明朝、A101見出し、明朝MA31、リュウミン(L-KL・R-KL・M-KL・B-KL・H-KL・U-KL)、中ゴシックBBB、太ゴシックB101、見出しゴシックMB31、ゴシックMB101B、ゴシックMB101H、新ゴ(L・R・M・B・U)、ジュン101、ジュン34M、ジュン501B、新正楷書CBSK1、教科書(ICAL・ICAR・ICAM)

モリサワパスポート OTF

Windows対応フォント

モリサワパスポート OTF(一部特殊フォントを除く)

MSゴシック・MS明朝・ダイナフォント等のトゥルータイプフォント

  • ※使用した全フォントを明記の上、出来るだけ使用したフォントをデータと一緒に添付してください。
    (モリサワ等のコピー不可フォントは除く)
  • ※イラストレーター等アドビ製アプリケーションでは、MSゴシック、MS明朝(Pフォントを含む)等のトゥルータイプフォントは、一部印刷用として向いていない物がありますのでご使用できません。(使用される場合は事前にご連絡ください。)

ページの先頭へ