Vol.52

これだけ情報源 2014年7月9日号

あまりにも膨大なネット情報から名前の通りコレだけ見ておけば最新情報は十分!という厳選情報をまとめました。

これだけ情報源コラム

Googleが狙う次の市場は「自動車産業」

Googleの共同創設者であるLarry Page氏とSergey Brin氏が、ベンチャーキャピタリストのVinod Khosla氏と公開インタビューの席で、自動運転の未来に ついて自社の考える方向性を語っています。

http://japan.cnet.com/news/business/35050439/?ref=rss

自社の1%のリソースを活用すればそれは実現する、などと発言をしたようですが今後の日本の主力産業である自動車関連市場は、いよいよIT企業に凌駕されてしまうのでしょうか。

手塚治虫氏が唱えた未来図のうち、立体交通=自動運転だけが実現していないと言われる中で、いよいよその技術も実現化される目処がたってきていると言われます。
確かに、Googleの自動運転をベースにした自動車開発は、車本体のみならずカーナビなどの情報端末を活用したさまざまなサービスを想定していると思われるため、とてつもなく新たなビジネスモデルが創まれ来るものと思います。

この局面において、日本はインターネット分野で遅れをとっている背景から更に苦戦を強いられるものではないでしょうか。
ただ、そこへ掲載するコンテンツは地域ごとのドミナントデータです。我々中小企業は、そのSmallデータへより目を向けていく必要があると考えます。