Vol.155

これだけ情報源 2019.2.13

これだけ情報源コラム

『チャットによる新たな顧客サービス』

ホームページを見ていて、疑問点があれど電話を掛けるほどではない。
しかし聞いて納得すれば購入するのに・・・というシーンはありませんか?

ネットビジネスにおいて、この距離感を埋めていくことは成長に置いて必須の課題と言えます。
最近その距離を埋める顧客サービスとして各社がチャットを活用しています。
チャットはメールと異なり、メーラーと言うソフトを立ち上げ直さなくて良い、
更には会話型なのでリアルタイムにやり取りがでます。
顧客サービスにおいて上手に活用すれば、かなりの効果を発揮しています。

ただ、チャットは常に誰かが答えなくてはならないと言う大きな負担がつきまとっていくことは
言うまでもありません。そこで、AIがチャットを進化させているものが「チャットボット」という
仕組みです。一定のQ&Aを登録しておけば、AIが自動的に一定レベルまでは
答えてくれると言うものです。
以下一度ご覧になってみてください。
「チャットボットの導入事例13選!企業の活用例から効果まで徹底解説」
http://bit.ly/2SDg7XR

またチャットは、対外的なサービス向上のためだけではなく、社内の情報共有及び
コミュニケーションを円滑にさせるための活用も増えてきています。
チャットの活用で、情報がオープンになること、多くの人の意見を求められること
更には誤送信や情報漏えいを防ぐなどの点で多くの企業が活用を始めています。
是非一度ご検討をされてみては如何でしょうか。