Vol.151

これだけ情報源 2018.12.12

これだけ情報源コラム

『AI最新NEWS「AIが店舗運営」』

巷ではすべての産業、すべてのビジネスにAIが取り込まれてきています。
AIを活用した新たなビジネスやサービスで話題になっているものを取り上げていきたいと思います。
今回は店舗にAIを取り入れた事例をご紹介します。

JR赤羽駅に、AIが運営する新たなキオスクがオープンしました。
無人、カメラによる商品認識、すべて電子決済で、その運営をAIが管理するというものです。
以下のサイトに詳細が記載されてますのでご確認ください。
記事内にも記載がありますが、将来的にはコンビニはすべて無人になるのだと感じさせるサービスです。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/22/news106.html

続きまして次は、「寿司ブリトー」専門店が、AIを導入してその日の仕入れ商材や価格、
時間帯に応じて価格を決めるという店舗がオープンしました。
その名も、オートメーションレストラン「beeat sushi burrito Tokyo」です。
寿司ブリトーの価格設定はすべて時価となり、その日のメニューの素材や購入の時間帯などの条件によって、
AIが価格(780円~1,300円)を決めています。
https://beeat.jp/

今後は店舗運営においてさまざまな角度からAIが導入されていきます。
収益が確保されるのであれば、人件費の削減や個人スキル格差が緩和されるため、
人不足という経営課題を大きくリカバーしていくものと思われます。