Vol.147

これだけ情報源 2018.10.11

あまりにも膨大なネット情報から名前の通りコレだけ見ておけば最新情報は十分!という厳選情報をまとめました。

これだけ情報源コラム

『製造業にも押し寄せるシェアリングエコノミー。不可欠なポイントは新たな採用方法』

現在社会現象のひとつと言って良いほど、あらゆるものをシェアするシェアリングエコノミービジネス。
・相乗りタクシーのUber
https://www.uber.com/ja/jp/
・空いた時間で助け合いのエニタイム
https://www.any-times.com/
・地方の運送会社の空いたトラックをフル活用するハコベル
https://www.hacobell.com/
これらが代表格です。

そのシェアリングエコノミーが、いよいよ中小の製造業に広がりを見せています。
https://xeex-products.jp/extelligence/sharingeconomy-of-manufacturing/

今後はあらゆる製造業おいてもそのビジネスを取りまとめるベンチャー企業が現れてくると思われます。
背景には人材不足により、働き手を確保できず機械が遊休化してしまうことが挙げられており、
単に仕事の割り振りだけではUberやエニタイムなどのモデル同様には上手く機能しないと思われます。

大切なことは、如何にしてその機械を動かす人材を確保していくかがです。
つまり現在急成長しているダイレクトリクルーティングなどの採用の新たなソリューションと、
シェアリングビジネスの融合が大変重要になってくるのではないでしょうか。