Vol.145

これだけ情報源 2018.9.12

あまりにも膨大なネット情報から名前の通りコレだけ見ておけば最新情報は十分!という厳選情報をまとめました。

これだけ情報源コラム

『売れ残り商品を売るKarmaに見る新たな市場』

ストックホルムのスタートアップであるKarmaは、地元のレストランや食料品店に対し、
売れ残り品を割引販売するためのマーケットプレイスを提供しています。
地元であるスウェーデンでサービスを開始し、これまでに1500件以上のレストラン、
小売店、ホテル、ベーカリーなどがKarmaを利用するようになっています。

従来は廃棄されていた食品が販売されるようになり、これまでに35万人の利用者が
Karma経由で商品を購入しているとのこと。
https://karma.life/

皆さんはこのkarmaのビジネスモデルを見てどうお感じになられましたか?
現在リセールビジネスは、個人間売買も含め激的に市場を拡大しています。
しかし、その領域はブランド品やファッションなど趣味的な市場が主体であり
karmaのような本当は廃棄される可能性があるものを販売するのとは大きく異なります。

私見ですが、実に素晴らしいビジネスモデルだと思います。
廃棄など本来価値を生まない、また粗末になってしまう商品に価値を創造し、
送り手・受け手の双方にとって大きなメリットが出てくるこの市場は
今後とても社会的価値があるはずです。

食品に限らずこの”もったいない”市場はまだまだ有望な市場が存在すると思います。
例えば建材です。建材の端材は新品でも殆ど廃棄となります。
またアパレル業界のキャリー品と呼ばれる数年間在庫となった商品など、
まだまだもったいない市場は可能性を秘めていると感じます。