Vol.144

これだけ情報源 2018.8.22

あまりにも膨大なネット情報から名前の通りコレだけ見ておけば最新情報は十分!という厳選情報をまとめました。

これだけ情報源コラム

『泊まれる本屋の出店が続く』

これまで、本をコンセプトにインターネットカフェや一般的なカフェが併設された業態が
拡大してきました。最近では「泊まれる本屋」の出店が続いています。

R-STOREが運営する「BOOK AND BED TOKYO(ブック・アンド・ベッド・トウキョウ」が
今秋大阪の心斎橋に6店舗目としてオープンをさせます。
フルーツサワー専門店「sour」と共同開発したメニューを提供するカフェを併設。
初のテラス付き物件で、外飲みができるスペースの設置やアルコールメニューの提供などを
検討しているといいます。
http://bookandbedtokyo.com/shinjuku/index.html

この「泊まれる本屋」というコンセプトはインターネットカフェとは異なり、
宿泊を前提にした空間を提供しています。ありそうでなかった実にニッチな市場をねらった
ビジネスと言えます。すでに1店舗目のオープンから3年が経過していますが今後の動向が
大変気になってきました。
http://www.haconiwa-mag.com/magazine/2015/11/bookandbedtokyo/

これからは、さまざまなビジネスがサードパーティとしてそのポジションを確立したものが
受け入れられるのだと思います。例えば同様の視点であれば「泊まれるショットバー」とか、
「洗える本屋」=コインランドリーと併設などですね。