Vol.118

これだけ情報源 2017.6.28

これだけ情報源コラム

『いよいよGoogleが採用情報サービスを開始』

Googleがジョブサーチ機能「Google for Jobs」を発表しました。

このサービスは、ユーザーがGoogleで求職関連の検索をすると、
検索内容にマッチした求人情報を表示するといった機能です。

通常の検索機能に加えて、求人情報は肩書や必要な経験、給料、勤務地、
自宅から通勤地までの距離、フルタイムかパートタイムかなどで絞り込むことができるようです。
https://goo.gl/RZLUQB

Googleがこのようなサービスを開始する背景として、
アメリカでは現在、数百万の人が職を探していると言われています。
しかし、半数もの企業が「マッチングする人材の確保ができていない」と
回答する状況を踏まえ、この機能が生まれたようです。

Indeedなどといったクローラー型求人紹介サービスを提供している会社に対し、
Googleが本腰を入れて差別化を図っていくというスタンスも見えてきたように思います。

これからGoogleを始め、あらゆる業界の勝者が
人材系ビジネスになだれ込んでくるのではないかと感じているのは私だけでしょうか。